読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

♪ NO MUSIC, NO RUN ♪

音楽と供に楽しくRUNNINGするAKKOの日記帳♪

今年の箱根はドラマチックな展開に!

今年の箱根駅伝は早稲田大学の「大学駅伝3冠」と東洋大学の「箱根駅伝3連覇」がかかった注目の大会だったが、結果は6区での転倒にもくじけず、早稲田大学が10時間59分51秒の大会新記録で18年ぶり13度目の総合優勝を飾った。最後まで競り合っていた東洋大学との差はわずか21秒。箱根駅伝史上でも一番の僅差なんじゃないのかな?

今日の総合優勝で早稲田大学は出雲駅伝、全日本大学駅伝に続く「大学駅伝3冠」を見事達成した。これは史上3校目の快挙(他の2校は1990年の大東文化大学、2000年の順天堂大学)。胴上げのために10kg減量した渡辺康幸監督はじめ早稲田大学駅伝チームの皆さん、おめでとうございます〜。

優勝争いもさることながら今年はシード権争いがドラマチックだった。シード権を得られる8〜10位の3枠をめぐり、最終10区の終盤まで日本体育大学青山学院大学国学院大学、城西大学の4校が団子になって激しく争った。そしてここでアクシデントが。ゴールまで残り約700メートルの地点で国学院大学が先導車につられ、直進の道を1人右に折れてコースアウトしてしまうのだ。その後の彼の心中はいかばかりか察するに余りあるが、なんとか城西大学を振り切って10位に入りシード権をもぎ取った。シード権を逃した城西大学との差はたったの3秒。この3秒は来年の箱根に向けては天と地との差だ。これこそが箱根駅伝の真髄なのかもしれないな。しみじみ…。

私はといえば箱根駅伝の余韻に浸りながら今日は約6.7km走り、お正月三が日で約24kmを走破した。毎年毎年「お正月太り」を心配していたけれど、今年はランニングのおかげでその心配もなさそう〜(←だと思いたい)。とりあえず月初めのジムでの測定結果でチェックしてみることにしよう。どうか体脂肪が増えていませんように!


★今日の記録

  • 【RUNNING】 距離 6.766km 時間 46:39.61
  • 【MUSIC】 TIME OUT (THE DAVE BRUBECK QUARTET)

タイム・アウト

タイム・アウト


★今日の一言 by"英語5分間トレーニング"
Keep up the good work and your wish will come true.
(その調子で頑張れば、あなたの願いは叶います。)